アマゾンセール開催中

『好きな人がアウトドアが好き』アウトドア派の男子の特徴と好きな女のタイプとは?

『好きな人がアウトドアが好き』アウトドア系男子の特徴と好きな女のタイプとは?男の見極め方
この記事は約4分で読めます。

『あぁ私彼を目で追っちゃう…』
ふと、思い出すとたしかにたくさんの遊びの誘いをもらって行ってみると…
彼の姿が一番先に思い出す。。。

ハイ恋愛決定です!

好きな人がアウトドア系男子だったとき自分はちょっと運動苦手だし…どうしよう?と思ったことはありませんか?
結論からいうとアウトドア系男子は”マメで気が利く女性”や”一緒にアウトドアに言ってくれる女性”が好き。

では本日はそんな『アウトドア系男子の落とし方』についてまとめてみました。

オカマ主婦
オカマ主婦

ちなみに『わたしはインドア派…』という方もポイントを纏めておいたから参考にしてね

アウトドア系男子とは?

まずはアウトドア系男子かチェックリストをみて彼が本当にアウトドア派かどうかみてみましょう。

アウトドア男子チェックリスト
  • 面倒見が良い
  • ワイワイが好き
  • 仲間や友達が好き
  • BBQや海、登山などアウトドアが好き
  • イベントでは主催者側に徹する確率が高い
オカマ主婦
オカマ主婦

まぁ飽きがあまりない男の分、めんどくささも多いわね
恋愛に向いている男かしら。

アウトドア系男子の特徴とは?

休みのときは出かける人

もちろん説明しなくてもいいと思いますが、アウトドア男子とは休日のときは外出する男子のことをいいます。(別の名をイベント男子ともいう)

イベント毎に出没してはワイワイするタイプが多いこのアウトドア男子。
女性からはTHE・男性って感じで高感度が高く、世間では誰にでも好かれる人、どこへ行っても人気者になる人が多いのが特徴です。

みんなでワイワイが好き

“みんな”でワイワイが好きなアウトドア男子は以外にも家庭的。
それもそのはず、キャンプやBBQでいろんな道具を使うため手際よく使いこなします。(そういうところに女は騙される)

“みんな”がすきなため面倒見もよく、友達の友達は自分の友達精神があります。
自分を中心に仲間が楽しんでくれることに喜びを感じているので、そのあたりはポイントになります。

アウトドア系男子の好きな女性のタイプとは?

『好きな人がアウトドアが好き』アウトドア系男子の特徴と好きな女のタイプとは?

アウトドアに興味がある子

一番の王道はアウトドアについてくれる女性。
大概のイベントや遊びの誘いにはついてくれる女性のことを好きになる可能性が高いです。

“一緒に”という行動ができれば誘われる回数ごとにアナタのことを思い浮かべてくれます。(ただし、ただ単に遊ぶのではなく女を見せましょう)

アウトドアでも楽しめる

アウトドア男子は一緒に楽しく過ごす時間が大切なので、その時間を”一緒に”楽しむことが重要になります。

あぁ〜疲れた
日焼けする〜

など言ってすぐに休むようでは、アウトドア女子に横取りされてしまいます。

オカマ主婦
オカマ主婦

例えば、海の写真をみたら『今度行くときわたしも誘ってね』って一言言うことから始めようね

インドア系女子がアウトドア系女子に好かれる方法とは?

インドア派のアナタに可能性が無いのか?というとそれは間違いです。
ではどうすればいいのでしょう?

マメで気が利く女性

アウトドア系男子の特徴の一つ、『男なのに女子力最強』。
この部分を乗り越えなくてはアナタは女として見られず、ただの参加者の女の1人になってしまいます。

ではどうすればいいか?

まず簡単にできることは相手がやることを予想。
そして、事前準備すること。

『え?たったこれだけ?』と思うかもしれませんが、頼まれてから行動するよりも頼まれる前にやっておくだけで出来る女として相手に好印象を与えれます。

オカマ主婦
オカマ主婦

ようするに縁の下の力持ちな女よね

ただしお母さんみたいになってはいけません。なんでもあいつがやってくれるってなるのではなく、あくまでサポートとしての役割を考えましょう

【まとめ】お互いに尊敬しあえる関係を目指そう

もちろんアウトドア系女子になる方が一番手っ取り早くアウトドア系男子をゲットできます。(それもそのはず、”趣味が同じ人>気が利く人”だから)

ただ重要なのは、お互いを尊敬しあえて一緒に思い出を作れるかどうか。

アウトドアとはいっても基本的には休みの日以外はインドアになります。
その時にどう相手に自分をアピールするのが重要ですよ。

※もし俺様系や草食系男子の落とし方も見たい場合はこちらの【タイプ別】好きな男の性格を調べ効果的な恋愛テクニックをする方法を参考にしてみてください

みんなの掲示板

タイトルとURLをコピーしました