オカマ主婦をマンガで見る

ディープで面白い
私のブログへようこそ
いらっしゃあーい

マンガで見る

【生活習慣改善】貯金できない人の特徴と貯金する13の方法

無駄遣いの意識を統一し、楽にお金を節約する方法 暮し•アイディア
\生活に関するお金の節約をまとめました/
  • 所得の一部を貯蓄または退職勘定に預金する
  • 貯蓄目標の現実的な時間枠を確立
  • 予算を作成し、すべての経費を記録

無駄遣いという意識を統一化させる

例えば、たくさんの本を読んでも、自分の生活パターンが同じだと貯金は難しいですよね

2人が同時に同じ給料内で同じ貯金額を無意識に貯めようとしても、それぞれの行動が違うため個人差が出ます

ここではまず根本的に意識を変えて行く方法についてお伝えしたいと思います

まずはこちらをご覧ください

計画を持ってお金を節約する前に意識を変える

ゴールを先に決めてそのために行動をする

思考と行動の逆説です

意識をまず変えるために、ゴール設定をしましょう

ゴールをまず决め、そのゴールのためにすることを意識して行動をすることによって最短で設定したゴールに到達できます

例えば、一軒家の購入を例にしましょう

5000万円の家

まず5000万円を購入するために必要な前金を意識し、それを貯めるために今から行動をする

そして、ローンが通ったら、できる限り利子を払わないようにするために、シミュレーションをして行動を変える

ということです

【家が欲しい→溜まったら買う】から【家を買うために必要な金額はこれくらい→仕事量を増やす】

という感じです

ゴール設定から逆説し時間枠を設定することによって行動意識を強制的に変える
最初のうちは苦労するかもしれませんが、目標を達成するのにとても役立ちます

貯金できる環境作り

お金を節約する最も簡単な方法は、収入の何割かを設定してお金を使わないということです

そして、将来のお金を蓄えるためにはまず目的のない浪費(無駄遣い)を分析することが大事です

普通預金口座や退職預金口座に入金される各給与を整理して、毎月の貯蓄額をあらかじめ決めましょう

例えば、年利がいいイオン銀行などに貯金をし、引き出し手数料が無料なカードを使うのもいいでしょう

もしそれでも貯金ができない場合は、定期預金を利用して強制的に引き出しができない状況を作りましょう

※基本的にあなたが毎月持っているお金は、あなたが好きなように過ごすあなたのものです

家計簿をつけて計画的に貯金する

貯金できない人は、圧倒的に収入と支出を把握している人が少ないです

収入と支出がわからない場合は、目標を達成するのが難しいです

毎月初に給料と生活費などを家計簿に入力をして行きましょう

  • 貯金→20%
  • 家賃→30%
  • 食費→15%
  • 通信費→5%
  • 電気ガス水道→5%
  • 交際費→10%
  • 娯楽→10%
  • 日用品→2.5%
  • 交通費→2.5%’
一般家庭での目標金額(%)です

新たな借金は避ける

100万円のリボ払いの返済総額もちろん、家や車など必要な一部の債務は避けられませんができる限り借金(ローン)はしないようにしましょう

なぜなら、金利が数パーセントも発生してしまうため時間の経過とともに借金が増えるからです

『数パーセントなんて別に…』と思う方もいますが、例えばリボ払いを選択してしまった場合を例にします

100万円の手数料は15%

100万円の返済金額は実際150万以上になってしまうからです

要するに56万円ものお金をあげているのと同じです

可能な限り予定よりも早く返済するようにし、前払いを行うようにしてください

自身の貯蓄目標を設定

結婚したり、家を買ったり、子供が生まれたり…

普通に生活をしていてもイベントごとにたくさんのお金を使うことがありますよね

もちろん、目標達成に数年から数十年かかることもある場合もあります

このような場合は、進捗状況を定期的に調べることが重要です

目標に対して、『自分がどれだけ進み、あとどれくらいで達成するか』と再認識できる他、もしかしたら達成の間に市場が変わっている場合があるからです

例えば住宅ローンを例にして見ましょう

  1. 数年前、一軒家を二十年ローンで購入した毎月決まったお金を返済中の男性
  2. 定期的に金利などを見直して1番同じ価格で一軒家を二十年ローンで購入した男性

このように、たくさんのお金が必要な場合は返済するまで非常に時間がかかってしまいます

しかし、これらの返済を達成する間にもしかすると金融市場はその人異なる可能性が高いことを意識したことはあるでしょうか?

金利が安い所に乗り換えたり、ポイントがつく所に乗り換えるだけでも二十年の間に様々な特権がつくことを頭に入れましょう

支出の内訳を詳しく分析

お金を抑え方は様々な方法がありますが、まずは毎月どれくらい支払っているのかを把握しましょう

家計簿でも生活費といったカテゴリーではなく細分化しましょう

例えば生活費の中でもスーパーやコンビニでも違いますし、食費でも自販機で購入した飲料水も違います

大切なのはこの【無駄遣い(浪費)】を特定し、行動を改めなくてはいけません

なので、最初は大変かと思いますがすべての経費を記録し、領収書を保存する習慣を身につけましょう

コンビニ利用が多い方がスーパーの利用に変えるだけでも年間数万円も変わるので是非やって見てください

カード決済の場合は支払い金額を再確認し、過剰課金をなくす

オンラインで購入したものに関しては必ず支払い金額をダブルチェックしてください

さらにできるのであれば、購入時に必ず領収書を発行してもらいしばらくの間保存することを心がけましょう

『まさか、機械がそんなことするわけない』と思うかもしれませんが、機械を操作するのは人間です

過剰課金は実際問題かなりの頻度で起こっていて、それを気づかない人の方がほとんどということを十分認識しましょう

支出を減らす工夫は生活レベルを見直す

贅沢品を取り除く

一番最初に生活レベルの見直しができるのは、贅沢をやめるということです

しかし、そんなのわかっていながらできないのが問題です

なぜなら、すでに生活の一部分になっているからです

さて、この場合はどのようにするかと言いますと簡単です

【プラスαのサービスをやめる】ということです

例えば

  • テレビやインターネットの会員や購読を停止
  • 電話サービスを見直す
オカマ主婦
オカマ主婦

他にも、あとで買える必要不可欠なものはネットで安いものを探したり、期間をずらしてみることが大事です

収入にあった住宅を探す

次に考えなくてはいけないものは生活で一番大切な住居です

先ほどグラフにも書きましたが、収入の約3割が家賃の目安です

このため、もし予算のバランスを取るのが難しい場合は、家賃についてを真剣に見直したいと思うでしょう

もし家賃について検討をしている場合は、家主と安い家賃を交渉してみることをお勧めします

ほとんどの家主は新しい人を探す際のリスクを避けたいので、交渉できる可能性が高いです

また、引越しを考える場合は不動産手数料がないものを見つけましょう

賃貸のサイトを見ても不動産屋の手数料は書いていないため、数社見積りを出して安いところをベースに交渉しましょう

家賃を安くすることはもちろんのこと、敷金礼金も0円にできます

食費は雨の日の前日か祝日の終わりにまとめ買い

ほとんどの人は必要以上に食べ物を買っていることをご存知ですか?

たくさんの中から選ぶとどうしても思考が鈍りいらないものも買ってしまうからです

ここではその食べ物をどれだけ安くできるかをお伝えします

  1. 少量の食糧を購入するよりも、一括で購入するほうが安い
  2. 大量購入はコストコや業務用スーパーで購入
  3. 健康的に食べる方が将来的にはコストが安くなる

また、特売のものを購入するコツとしては雨の日や祝日の終わりの時間帯をめがけてスーパーに行くといつもより特売のものがおおいので意識しましょう

一日の差で食費が半額になる絶好の機会です

台風の日や雨の日は廃棄を避けるため、特売にする時間も早めるスーパーが多い

電気代(エネルギー使用量)を減らす

電気代はいくつかの手順で大幅に削減することができます

また、その固定費をクレジットカードで支払いをすることによってポイントになり節約することができいます

これらの方法はとても簡単なので、お金を節約しようとしているのであれば、やらない理由がありません

何よりも、電気の無駄使いを減らすことによって環境への影響も最小限に抑えることができるので是非やって見ましょう

例えば

  • 使っていない電気はコンセントから抜く(待機電力)
  • 暖房とエアコンは使う前に内部掃除をし必ず自動運転
  • 炊飯器の保温は6時間を超えるとご飯を炊くエネルギーと同じになるためすぐに冷蔵保存する
  • 扇風機を使用
  • 隙間テープを使い暖かい(冷たい)空気を逃さない
  • ソーラーパネルを使う
このようなことをするだけで年間数万円もの節約になります

さらに、電気代を下げる方法としては電力会社の自由化によって選ぶことができるようになりました

年間で5万円ほど変わる家庭もあるので是非検討して見ましょう

『一人暮らしの光熱費節約3選』電力会社を変えると電気代が約2万円安くなる
家事の時間帯を分散、ドライヤーと他の機械の併用は避け、炊飯器でご飯を炊きながら料理をしない。これだけでも節約できますが、基本料金から安くする方法があるんです。それはアンペア数を変えること。シミュレーションで自分の家がどれだけ安くなるか調べてみませんか?

娯楽は続け、楽しみながら節約をする

節約をするには贅沢を切り捨てなくてはいけません

しかし、必ずしも楽しいことを止める必要はありません

レジャーの習慣やレクリエーション活動をより手頃なものに変えることで、『楽しみながら節約をする』バランスを取ることができます

例えば、FBのイベントやグーグルで催事などを検索をすると無料や千円程度でイベントがあります

また、地方自治体や地域社会団体が行うイベントはたくさんあり、低価格または無料で参加が可能です

娯楽をなくすことは無理ですが、もし趣味が外出などでしたら、無料のアート展示を見学したり、地元の公園で映画を観たりすることによってストレスなく節約が可能になります

酒とタバコなどの悪い習慣を変える

これらの習慣は中毒となってしまうのでできるかぎり早いうちに辞めることをお勧めします

しかしながら、すでにやめられない人もいますよね

こればかりは助けなしに辞めることは不可能に近いです

さらに、これらの習慣は健康に被害を及ぼす可能性もあるので、長期的に見てもデメリットがほとんどです

敗肺がん、心臓病、脳卒中、および様々な病気が喫煙によって引き起こされるからです

さらに、過度な飲酒は、肝疾患、精神機能障害、体重増加など重大な問題を引き起こす可能性があります

是非とも一日の分量を少なくする意識を持ちましょう

正しいお金の使い方

最初に必要不可欠なものからお金を使う

絶対に、外すことのない生活に関わるものからお金を使いましょう

つまり、無ければ生活ができなくなってしまうものです(食糧、水、住宅)

そして、最優先事項を決めた後に、手元に残ったもので将来に役立つ(または成長できる)投資を考えましょう

これは、例えばアクシデントによって仕事がなくなった場合に再起することが非常に難しくなるからです

したがって、これらの最低必要条件をカバーするのに十分なお金があることを確認しましょう

万が一のための資金は必ず貯めておく

もし突然あなたの収入が来月から無くなった場合に生き残るために、十分な金額を今のうちから貯めておきましょう

この緊急資金をまだ持っていない場合は、ただちに別口座に貯金することをお勧めします

例えば、日本のお金の価値が下がると見て海外の口座に少し入れるのも手です

目安は約3−6ヶ月分の生活費をカバーできる貯金額です

なぜなら、仕事を失った場合でも最低限住むところと食費があれば、また新たに仕事を見つけれることができるからです

まとめ

節約は根本的に思考を変えなくては無駄な時間を費やし、ストレスが溜まっていく一方です

計画的な節約法は思考の整理と逆説が重要となってくるので是非改めて見直して見ましょう

\ランキング参加中・応援お願いします/
ブログランキング・にほんブログ村へ

タイトルとURLをコピーしました