オカマ主婦をマンガで見る

ディープで面白い
私のブログへようこそ
いらっしゃあーい

マンガで見る

『なぁなぁ』と名前を呼ばないクソ夫に言いたい妻の不満と悩み

名前を呼ばない男性心理とは 悩み講座

これは、旦那さんと奥さんの日常のやり取りを切り取った一コマです

犬のおまわり
犬のおまわり

男性の皆さん、もしかして思い当たることはないかワン?

【夫婦喧嘩数秒前】積もりに積もった奥さんの不満

食事中やリビングでのんびりくつろいでいると…

なぁなぁ、あれどこにあるっけ?

これ?はい、ちょっとは自分で動いてよ〜

あぁ、それそれ

『普段の会話でしょ』と思った人。。。

気付いていますか?

知らず知らずのうちに名前を呼んでいない事を…

『いやいや、ウチはちゃんと呼んでるよ』という人

では思い出してみてください

きちんと名前で呼んでいますか?

  • お母さん
  • ママ
  • おまえ

って呼んでいませんか?

子供の前でならいいですが

夫婦水入らずの時間の時まで「ママ」なんて呼ばれると、『私、あなたのお母さんじゃないんだけど!』って思ってしまいます

また最近では子供がいなくても「ママ」と呼ぶ家庭が増えているそうです

 

オカマ主婦
オカマ主婦

二人の時間だからこそ、きちんと名前を呼んでほしいのに…

私ちゃんと名前あるんだけど!
理由をまとめてみたのでまずこちらをご覧ください

夫が名前を呼んでくれないと悩む主婦が増加中

  • 子供が産まれてからずっと名前で呼ばれてない
  • デートなどの夫婦だけの時もママって言われる
  • 恋愛中は呼んでくれてたのに…
  • 私のこと軽く見られてる気がする
  • あたしに対して愛情無くなったのかな…

など夫が思っている以上に名前を呼ばれないことを気にしている奥さんは多くいるんです

オカマ主婦
オカマ主婦

ヤバイ。。。そう思えばそうかも

名前を呼ばない男性心理とは

家族だからこそ以外に呼びづらい

好意を持つ人に話かけるのが恥ずかしいなど恋愛中なら分かりますが

結婚前には名前で呼んでいたのに、なぜ名前で呼ばなくなるのでしょうか?

調べてみると

  • 名前を呼ぶのに照れている
  • 名前を言う機会がない
  • 呼ぶタイミングがつかめない

などの声がありました

なかには「結婚したら家族だから呼びづらい」なんて声もありました

意外にも以前のように名前で呼ぶ事に照れを感じている夫が多いのね

 

どのタイミングで名前にしたらいいか分からないだよ…

でも名前で呼ぶと女性にはメリットがたくさん

名前を呼ぶだけで愛情ホルモンが増加する

『名前で呼びあうだけで親密になった気がする』と感じたことはないですか?

ポーラ化成工業の研究によると『名前で呼ばれることで愛情ホルモンであるオキシトシンが増える』と言われています

名前で呼ばれることで条件反射的にオキシトシンが増加し、呼ばれた本人は自己重要感が満たされ、名前で呼んでくれた相手に対して好意的な人間だと認識するそうです

では、なぜ男性があまり気にしないのに対して女性が気にしているのか?

その理由はこちらで解説しています

女性は会話や言葉で心を癒す

女性が男性よりも「会話」を大切にしています

女友達や同性の同僚などと会話をし気持ちを分かちあったり、悲しみをなぐさめたり、幸せ感じたりしています

女性は日常的にこのような会話が出来ますが男性は女性と比べるとあまりできない傾向があります

それは答えを論理的に考えてしまうからです

要するに、簡単に言えば女性は「言葉」で癒されるため、会話や呼び方を気にしてしまうのです

お前は女性を下に見ていると感じられてしまうので気をつけましょう

旦那から名前で呼んでもらう為にする方法

3つのコツ
  • 夫を名前で呼ぶ
  • 名前を呼ぶ機会を増やす
  • 名前で呼んでと言う

 

男性と女性で会話や名前に対して捉え方が違うので、はっきり言うのが一番いいかもしれません

主婦

名前で呼んでくれないから愛が足りな〜い

なんて伝えてみましょう

いままでは気にしていなくてもストレートに言うことで気付きます

ここまで言っても気付かなければ

「おバカちゃん」と割り切りましょう

関連記事

旦那に見せたい『家事育児に疲れた働くママさんの悩み』3選
家事育児掃除って24時間動きっぱなしって知っていますか?全員がカフェに行ってコーヒー飲んで休憩しているわけではありません。朝来たら元の位置にあるってだけでどれだけ大変なことか旦那さんは絶対理解してほしいことですね。そんな悩みのタネの夫を少しでもよくする方法をまとめたので是非参考にしてください
\プロへの相談はなんと無料/
\ランキング参加中・応援お願いします/
ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました