え、知り合いのおばさんに聞いたら洗濯機って掃除するの!?

掃除しないとカビだらけの洗濯機で洗って居るから意味がないの!?

掃除の仕方…わかんない

オカマ主婦
こんな悩みにお答えします

ざっくり言うと

  • 洗濯機のクリーニングで用意するもの
  • 部分での洗い方

ドラム式と縦型別の掃除の仕方

伝えたいこと

実は洗濯機は水を使うのですごいカビと汚れが付着しています
普通の洗濯を回すだけでは取れないので、必ず掃除をしましょう
掃除をすることによって清潔な衣服を毎日着る事が出来ます

知らなかった、カビだらけなのね

あぁカビがついた水で洗うとアトピーなどにもなりやすいから気をつけようね

必要なもの

  • セスキ炭酸ソーダ
  • 硬めの歯ブラシ
  • ペーパータオル
  • ゴム手袋(必要に応じて)

洗濯機を洗う方法

つけ置き洗いモードを使い水を貯める

洗濯機の中を水で満タンにするようにしましょう

もしできるのであれば、水ではなくお風呂のお湯を利用してください

溜まった水にお酢を入れる

洗濯剤は主に衣服を洗うものです

今回はその水の中に約500ccのお酢を入れましょう

お酢を入れると洗濯槽の中にあるカビや汚れが浮き上がってきます

参考サイト

▶︎お酢で洗濯槽の汚れを落とす

ここでのポイント

糖分が入っているお酢は使用しないようにしましょう

セスキ炭酸ソーダを加える

重曹でもいいのですが、最近の調べによると、セスキ炭酸ソーダの方が汚れが浮き出ると口コミで評判になっています

洗濯槽にお湯が満タンになっている状態でセスキ炭酸ソーダ約500g入れましょう

そしてつけ置きの時間が終わるまで待ちましょう

お酢とセスキ炭酸ソーダの力によって洗濯槽の汚れやカビがみるみる落ちてきます

参考サイト

▶︎【洗濯槽掃除】セスキ炭酸ソーダで黒カビがすっきり落ちました!

ここでのポイント

洗濯が終わっても浮き出たカビや汚れが洗濯槽に付着している場合があるので布で取りましょう

洗濯槽以外の場所の汚れを取る

洗濯洗剤専用の投入口の洗い方

洗剤・柔軟剤・漂白剤の投入口を洗ったことはありますか?

ここも実はカビがたくさん潜んでいる汚れポイントの一つでして、ほとんどのほとんどの人が洗っていない場所です

方法

  1. 硬めの歯ブラシ、またはスポンジのザラザラ部分を使いましょう
  2. 取り外し可能な部分はとって洗剤が入った水に20分ほどつけ置きして置きましょう
  3. 投入口のぬめりを確認しながらゴシゴシ洗いましょう

汚れが取り終わったら綺麗な布で水気を拭き取りましょう

洗濯機のドア部分も汚れの溜まり場

スポンジと酢を使い、洗濯機のドアの周りを洗いましょう

もし、汚れがひどい場合は先ほどセスキ炭酸ソーダを水で溶かしたものかお酢をつけて20分ほど放置してください

ペーパータオルを使うとピカピカになるのでオススメです

ここでのポイント

取りずらいカビや汚れには剛毛歯ブラシを使用するとすぐに綺麗になります

まとめ

  • 洗濯機は最低でも1ヶ月に一回は洗浄し、清潔を保ちましょう
  • 洗濯機の匂いがきになる場合は、洗濯槽にエッセンシャルオイルを数的加えるといい匂いが持続します

関連記事

製作中

\ランキング参加中・応援お願いします/
ブログランキング・にほんブログ村へ

是非コチラも見てください